朱乃紅スキゾ日記

管理人朱乃紅の統合失調症の闘病記、アニメの日々の日記

ちょっと込み入った話。

私は、最近このブログに日記を書くことを日課にして楽しみにしているのですが、

今日、いままで書いてきて振り返って思うことがありました。

私は、個人情報や著作権、守秘義務などに関しては分かる範囲で線引きはしてきたつもりだったのですが、きちんとした知識が無いため、これまでに書いてきた内容でそういったものに触れるものがあるのかもしれないと、考えるようになりました。

これは、考えると頭が痛くなるものですが、考えていかなければなりません。

今日、削除したり、編集しなおした記事が多々あります。だからといって、もうすべて削除や編集した場合、ブログとは一体何のためにあるものなのかとわからなくなってきます。

これが、表現の自由です。こことの兼ね合いです。ブログでこの店よかった。あの店はまあまあだった。そう書くことは当たり前のようになっています。

ですが、個人や企業を特定するような記事は書いてはいけないのです。

じゃあ、お店のレビューは?商品の感想は?そういうものも書いてはいけないのか。

そんなことはないはずです。物を書く以上、著作権、や個人情報にはある程度通じていなくてはいけません。ですが、コミケは、同人誌は、どうなるんだよ!

最近コミケの著作権問題もヤバいみたいです。訴えられたら二次創作の作者は負けるそうです。じゃあ、あの何十万人くらいの人たちの気持ちはどうなるんだ。

あれは、もう文化じゃないですか。分からない。わからないから少しづつ学んでいくしかない。物書きを目指すには避けて通れない道です。

ですが、私は基本。表現の自由を主張していくしかないと思います。

もちろん、人権侵害、著作権違反、やってはいけないことは山ほどあります。それは正しい。そして、私も書き手を目指すならそれによって保護される機会があるかもしれません。だから必要だとは思うんです。しかし、なんでもかんでも罰せられたら、口を閉じて耳を塞いで、、あ、これも受け売りか。だけどだけど、全てを封じられたら人は自由を失います。私は、これから、学びながら、しかして書きたい気持ちも大事にしながら発信していこうと思います。