朱乃紅スキゾ日記

管理人朱乃紅の統合失調症の闘病記、アニメの日々の日記

黙して語らず

とはいかないものですね。私は、このブログを始めて最初は、何かを常に書き続けようと思っていましたが、やはり、書くべきか、書くべきではないかと、思案しているうちに、書くきっかけを無くしたり、書こうとする気が削がれたりして、なんとなく不定期に書くようになっています。けれど、本当は書きたいことが山ほどある気がします。

しかし、その書くべきか書かぬべきかの壁で書かない方が多くなる割合が多いのはなぜでしょう。フロイトの言うところの夢の「検閲」みたいなものがここにはあると思います。ぶちまけたいことは、抑圧されて、無意識にしまわれますが、いろいろな形で現出するといいます。例えば、夢、私は恐ろしいほど夢を見ます。しかもそれをかなり明確な映像と、物語として覚えているのです。それもフロイトに言わせれば、顕在内容といって検閲を経た歪曲された記憶なんでしょうが、実感として違うのは、私の場合、夢がかなり具体的だということです。夢が願望の充足というところを実にリアルに再現する夢を見ます。だから、私は夢が恐ろしい。睡眠が浅いのでしょうか。夢はレム時の時見るといいますし。

次に症状でしょうか。これは、抑圧されたストレスが発作などになって現れます。だけど、夢ほど抑圧されているという実感が無いのは、覚醒しているから、他の情報が大量に流れ込んでくるからでしょう。それを処理できなくて脳が疲れてしまうというのが私の日常です。

それより、書きたいことを書けないというのは、私が臆病だからでしょうね。

いろんな軋轢を排して書き抜くことができない。これでは、物書きとしてはだめですね。ですが、こうして自己分析をしてそれで書くことによって、なにかしら書いたことになる。それが、次につながればいいのですが、と、こんなとりとめのないことを書いて今日は閉じます。

また、次には何か書けるといいのですが。