朱乃紅スキゾ日記

管理人朱乃紅の統合失調症の闘病記、アニメの日々の日記

7か月ぶり、文学フリマに向けて書こうと思う。

このブログ、7か月も放置していた。

理由は、ウェブ不安症。私のスキゾの一端である。

ツイッターも最近まで、サークルの告知以外してこなかった。

それでいいと思っていた。何故なら私は、スキゾであり、デジタルに

親和性は無いし、アナログでローカルが好きだからだ。

それでも、これを書いたのは、今回、私の中で変化があったからだ。

デジタルに対して、究極の恋愛病、気になり症、そういったものから

解放される何かが起こったからだ。敢えてそれは書くまい。

しかし、それでもここを残してきたのはやはり惰性もあったが、

何かしら発信したいと思っていたからだろう。

それは、幸運なことであったと思う。やはり人は、言葉を発しなければ

ならない。そうでなければ、口を噤んだままであれば、いずれ消えゆく。

何かを残すため、何かを伝えるため、デジタルという、不確定なものであれ

記述し、記録することには意義がある。

だからこれを書くことにした。

11月24日は、我々『代々木果実混合』の参加するイベント「文学フリマ」が

ある。もうかれこれ6度目になる。

ここまで繋げて来れたのは、皆の力があってのことだ。多忙な中執筆をし、

イベント参加で、冊子を販売する。それを6度繰り返してきた。

年数にして、約3年。これからもこの絆は続いて行くのだろうか。

続いて行けばいい。そう願う。

だが、我々は、ただ同人誌を即売しているだけではない。

それぞれが、それぞれの夢に向かって進んでいる。物書き、絵描き、

そんなものだけが、目当てではないが、できることならそうあってみたいものだ。

私は、このブログをまた始めてみようと思う。

どこまで続くか分からないが、ウェブ不安症などには負けず、アナログな手法で

どこまでも泥臭く生きてみようと思う。それがデジタルで叶う時、俺の気持ちが満たされることだろう。